マンション購入にあたって知っておくべき3つのこと

マンションの資産価値について

マンションを購入する際に理解しておくべきことの一つとして、その物件の資産価値が挙げられます。資産価値は、建物のグレードなどにも左右されますが、最も重要となるのは立地です。特に都心部ではその傾向が顕著であり、なるべく価値を維持したいのであれば人気の駅から徒歩5分圏内、長くとも10分以内であることが望ましいです。駅距離以外にも徒歩圏内に優れた住環境を実現するためのスポットがあればプラス材料ですし、逆に往来の激しい通りに面していたりするとマイナスに評価されます。最初に立地をチェックすることがマンション選びで失敗しないためのコツと言えるでしょう。

マンションのディベロッパーについて

次にポイントとなるのは、マンションを販売するディベロッパーについてです。大手ディベロッパーの中でも財閥系のところはブランド価値も高く建物や住宅設備のグレードが高いものが使われていることが多く、そのぶん価格は高くなりますが長い目で見た場合に住みやすい環境を得ることができるでしょう。一方でそれ以外のディベロッパーの物件にも優れたものは数多くあることから、あくまでも一つの目安として考えておく程度です。

マンションの住民層について

意外と見落とされがちなのがマンションにどういった人たちが住んでいるかということです。自分たちが子育て世帯であれば同じくファミリー層の住人が多いマンションの方か生活音などでお互いに分かりあえるでしょうし、シニア世代であれば逆に若い住人がいるところの方が防犯面で安心かもしれません。中古マンションであれば調べればすぐに分かりますが、新築マンションの場合でも販売員に他にどういった人が購入しているかを質問すれば教えてくれるはずですので、確認しておくとよいでしょう。

代表的な新築の柏のマンションの価格は、3000万円前後です。ボーナス払いの負担も小さいので、ゆとりを持ってローンを返済することができます。