安全な物件は?2階以上が良く駐輪場のチェックをしよう!!

1階よりも2階以上の方が安全

賃貸物件を利用するにあたって、できるだけ安全な物件を選びたいと考えるでしょう。その時にどんな点に注意をするかです。安全面としては、侵入者を防御できるかどうかがあります。玄関の安全性も大事ですが、ベランダからの侵入被害もそれなりにあります。そのための安全策が取られているところが良いでしょう。階数を選べるのであれば、1階よりも2階以上が良いとされます。1階だとベランダの外の塀を乗り越えるのは比較的簡単です。カメラなどがあっても乗り越えられてはそれ以降撮影されないときもあります。2階以上なら全く侵入されないわけではないですが、1階に比べると大幅に侵入されにくくなります。ただ、家賃などは1階が安めに設定されるようです。

駐輪場やゴミ捨て場の様子を見る

賃貸物件を利用する人としては、一人暮らしの人が多いかもしれません。車を持っている人よりも、自転車やバイクを持っている人が多くなります。駐車場はなくても駐輪場やバイク置き場を用意してくれているところがあります。賃貸物件において安全性をチェックする方法として、駐輪場のチェックがあります。まずは住人以外が自由に入れないようになっていないかがあります。物理的に入れるとしても、入りにくい工夫がされているなら問題ありません。その他ゴミ捨て場の様子も見ておきます。ゴミ捨て場が汚いところは、その物件自体があまりきれいに見られません。そのために侵入者などに狙われやすくなる可能性があります。きれいにされていると管理が行き届いているので、狙われにくくなります。

登別の賃貸を扱っている不動産会社では、一人ひとりの希望条件に合わせて最適な物件を提案しており、忙しい人でもスムーズに物件探しができます。