勘違いが多い!ブロードバンド物件って何?

ブロードバンド物件って何?

ブロードバンド物件とは、インターネットに対応している物件のことを指します。ただ、どの回線を使っているかは物件によって異なっており、大半は光回線ですが、ADSLなどを使っている物件もあります。

また、ブロードバンド物件の賃貸を選ぶ人に多い勘違いが、インターネット回線を契約しなくても最初から使えるという勘違いです。この点に関しては不動産会社が勘違いしていることも多く、しっかり契約時に確認しておかないと、ブロードバンド物件であることを強調されていていざ契約してみたらインターネットは自分で契約しなければいけなかったという例も多々あります。

インターネットが最初から使える物件は?

それでは、インターネットを自分で契約しなくても最初から利用できる物件に引っ越したい場合、どの点に気を付けて選べば良いのでしょうか。

この点に関しては、「インターネット完備」という物件を選ぶのがおすすめです。ブロードバンド物件には「インターネット対応」と「インターネット完備」の2種類があります。

インターネット対応の場合は、すでにマンションの回線工事が終わっており、自分でインターネット回線を契約してインターネットを利用する物件のことを指します。それに対し、インターネット完備物件は家賃にインターネット料金が含まれており、いくらインターネットを使っても家賃が変わらない物件のことを言います。

このような違いがあるため、インターネットが最初から使える物件に住みたいのであれば、不動産屋に「完備」か「対応」か確認しておきましょう。

桑園の賃貸の相場は単身者向け、またファミリー層にも札幌中心部に近いわりに手ごろな物件が多く、周辺は買い物や病院はもちろんのこと、スーパー銭湯や競馬場などレジャー施設も充実しています。