日別: 2018年1月29日

賃貸経営を始める時の物件選びと管理業務の委託

物件選びは非常に重要

賃貸経営は経営が安定すれば比較的まとまった収入が得られるものの初期投資が大きい投資対象なので、割悪い物件を購入してしまうと損失額が大きくなってしまいます。賃貸経営で失敗しない為にも最初の物件選びは非常に大切です。

相場より安い割の良い物件を探す為には多くの候補を見つけて比較していく事が大切です。まず多くの候補を探していく事で探している条件の物件が市場でどのくらいの相場なのか知る事ができます。多くの候補を探す事で市場に出回る数少ない買い手にとって割の良い物件と出会える可能性も高くなります。

投資する物件を選ぶ時は物件の状態だけでなく、その周辺の環境にも注意した方が良いです。賃貸で運用するという事は住環境を脅かすような要素が周辺にあれば必然的に入居者がつきにくくなるからです。

一般管理契約とサブリース契約

賃貸管理は自ら全て行わなくても管理会社に委託する事ができます。委託契約には一般管理契約とサブリース契約があってそれぞれメリットとデメリットがあります。

一般管理契約は賃料の一部を手数料として管理会社に支払う契約で、サブリース契約と比べると常に満室の状態が保てれば利益はサブリース契約よりも大きくできるメリットがあります。デメリットは空室に対する補償がないので、空室のリスクは全てオーナーが負うという事です。

サブリース契約は管理会社が借り上げて一定の賃料をオーナーに支払う仕組みです。その為オーナーは安定した収入が得られて空室リスクも管理会社が負ってくれるメリットがあります。デメリットは空室のリスクを管理会社が負う分だけ利益の最大額は一般管理契約と比べると低いという事です。

賃料が割安な札幌市中央区の賃貸マンションを探す場合に便利なのは、ウェブで相談できる不動産会社です。希望する条件をメールで伝えるのが、スムーズに良い物件を紹介してもらうためのポイントです。