月別: 2018年5月

札幌市の暮らしはどんな感じ?実は快適に住める札幌市の賃貸

札幌市にはこんな魅力がある

北海道札幌市というと、雪国というイメージがあり、生活するのが大変と思われる方もいますが、実は札幌市の生活は意外に快適だったりします。
特に札幌市は2018年3月時点で200万近い総人口があり、お店も多く買い物で困る事も少ないです。また、医療機関も比較的充実していますし、子育て環境については子育てサロンや手当もありますので安心できます。そのため移り住む場所として札幌市はおススメです。
もちろんイベントも札幌市は多く、有名な雪まつりの他に、周辺施設でウィンタースポーツも楽しむことが出来ます。暮らしやすいだけでなく、レジャー関係も充実しているのが札幌市の魅力となっています。

激安賃貸物件も多いのが魅力

また、札幌市の賃貸物件については、激安物件が多いのも魅力です。都内と比べた場合は、こんな賃貸料金で本当に良いのと思ってしまうような激安物件もあります。激安でも物件の設備が充実してしたり、駅から近い物件もあったりしますので、北海道への引っ越しを考えている方は、札幌市の賃貸物件にも目を通して見て下さい。
そして、札幌市に引っ越しをしようかと検討している方が特に心配することが、雪の問題ですが、その点も札幌市なら安心です。何故なら、札幌市は除雪対策がしっかりしているからです。多くの観光客が冬に集まりますので、そんな観光客が苦労をしなくて済むように、市内の除雪対策は整っています。
更に、賃貸物件については、雪国ですので暖房機能の良い物件が多いのも特徴です。暖房設備の整った物件なら、雪の降る寒い季節も快適に過ごせます。

住環境がとても整っている菊水の賃貸マンションは生活水準が高いです。この地域での家探しは地元の不動産屋に相談しましょう。

やはり新築物件に住みたい!新築の魅力3選!

とにかく水回りが綺麗

賃貸物件を選ぶ際、新築に住みたいと考える人は少なくありません。その魅力を紹介していきたいと思います。

まずは、キッチンやバスやトイレといった水回りが綺麗だということです。毎日使う場所ですので、比較的新しい物件であっても、やはり使用感は出てしまいます。リフォームでもしていれば別かもしれませんが、通常はピカピカという訳にはいきません。

しかし、新築物件となれば話は別です。誰も使っていない状態ですので、汚れひとつありません。綺麗好きな人にとってはたまらない魅力でしょう。

最新の設備がそろっている可能性が高い

続いて、新築物件の魅力のひとつとして、最新の設備が整っている可能性が高いという点が挙げられます。

もちろん「必ず」というわけではありませんが、建設している時点でそこそこ新しい設備を導入すると、それだけ高い賃料で貸し出すことができますし、長く愛用して貰える可能性が高くなります。

ですので、不動産会社としては予算が許す範囲の中で、最も良いと思われる新しい設備を導入するのです。新築物件ならではの利点と言えるでしょう。

目に見えない配管も綺麗

最後に、目に見えない配管も綺麗ということも挙げられます。目に見えないところなので忘れてしまいがちですが、いくら美しくリフォームしていても配管が古いままの場合が多々あります。そうすると部屋の中で使う水にも不純物が多量に混じります。

しかし、新築物件の場合は配管自体も新品ですので、不純物のない綺麗な状態の水を部屋の中に運んでくれるのです。

神戸元町の賃貸住宅を探すなら金額をしっかりチェックしよう。オーナーにしっかり打ち合わせしてくれる不動産屋さんに任せるとオトクな条件の物件を探せます。地元の不動産屋さんもチェックしよう。

最低限知っておいた方がよい賃貸住宅の特徴とは

木造の賃貸は音がよく響く

賃貸住宅でもアパートなどは鉄筋コンクリートや軽量鉄骨の住宅が増えています。ですが、昔からあるアパートの場合は木造住宅になっていることが多く、家賃が安く設定されているのが魅力といえるでしょう。ところが、木造住宅の欠点は火事が発生した時に燃えやすいことと音が響きやすいことになります。最近の木造住宅の場合は、耐火性のあるサイディングが使われているためそう簡単に延焼することはありませんが、昔の木造住宅は結構簡単に燃えてしまうものです。

また、木造住宅は音が響きやすいため、頻繁に隣の住人の話し声が聞えることがあります。当然ながら、自分の家の声や音も、隣近所に聞こえている可能性があるため音に関しては敏感にならざるをえません。ただ、普段からあまり家にいない人や音が聞こえてきても気にしない人はそこに住んでみてもよいでしょう。

鉄筋コンクリートの賃貸物件が増えてきている理由

最近は、マンションやアパートでも鉄筋コンクリートが増えてきています。なぜ鉄筋コンクリートが増えてきているかといえば、木造住宅の欠点である音の響きがないことや火災が起きた時でも延焼しにくいからです。さらには、耐震性のことを考えると木造の賃貸住宅よりもはるかに頑丈になるので、身体の安全性が確保できる点が大きな魅力といえますね。

鉄筋コンクリートの欠点としては、建物が新しいかどうかにかかわらず賃料が若干高く設定されていることです。多少賃料が高くても、快適性と安全性を重視したいならば鉄筋コンクリートの方が優れているといえます。

札幌の賃貸マンションは地下鉄や路面電車の駅近くが特に人気です。駅の近くなら大雪の日でも通勤や通学に苦労することがあまりありません。

札幌市北区の賃貸物件を探して良い所に住みましょう

札幌市北区は地下鉄やJRなど交通アクセスが良い

札幌市北区は、地下鉄南北線がありJR学園都市線も通っている交通アクセスの良い場所です。そして、駅を中心にしてバスが網の目のように通っています。雪のない間は、道路状況は良いのですが、冬になって吹雪にでもなると道路の路線が雪によって閉ざされて、狭くなり、交通渋滞が起きやすくなります。ただ、地下鉄は雪には影響されませんので、地下鉄沿線の賃貸物件は、それだけでも良い物件と言えるでしょう。それと最近は耐震性も問われますので、最近できている物件は倒壊しにくい物件が多いです。また、寒冷地ですので防寒対策がなされている物件が多く、防寒対策がされていないとストーブの灯油代がとても高くなります。

札幌市北区は広いのでどこに住むかを考えよう

一口に札幌市北区といってもとても広い地域です。南に札幌駅があり家電のお店や予備校、様々なオフィスがあり、それから北部に住宅街が広がり多くの人の住んでいる地域となります。初めて札幌市北区の賃貸を借りる場合は、やはり交通アクセスの良いところが便利です。従って、地下鉄駅から徒歩圏内の物件が狙い目です。また、地下鉄圏内に良い物件がない場合はJR駅に徒歩圏内の物件も良いでしょう。JRは1時間に2本程度運転しています。後は、地下鉄駅に向かうか、札幌駅に向かうバスが多いです。どちらにしろ、札幌市の中心部に出るには、地下鉄かJRに乗った方が早くて便利なことは確かです。そのように利用できる賃貸物件を借りると後々後悔しなくて助かります。

麻生の賃貸は、地下鉄とJRの両方が使える交通の便が良い場所です。学生が多く住んでいて、安く食事ができる場所も数多くある人気スポットです。

オール電化って本当に良いの?メリット抜きだし3選!

光熱費が管理しやすい

最近、オール電化の賃貸物件が増えてきていますが、実際にどのようなメリットがあるのでしょうか。
まずは、光熱費が管理しやすいというメリットが挙げられます。ガス代と電気代が分かれていると、どのように節約すれば良いのか煩雑になってしまいますし、別々に支払うことによって家計簿がつけにくくなります。
しかし、オール電化だけの物件を選ぶと、シャワーもキッチンも明かりもすべて電気なので、光熱費を一括で管理することが容易です。

キッチンが使いやすくなる

これは料理をする人に対するメリットなのですが、キッチンが使いやすいのもオール電化のメリットです。
もちろんガスの方が使いやすいと考える人もいますが、オール電化の場合には揚げ物をしても油がはねにくいですし、何と言ってもさっとひと拭きするだけで汚れが取れてしまうところが良いと言えるでしょう。
オール電化の電磁調理器は、一枚の板で構成されていますので、ほとんどすき間がなく、そうじがしやすい構造になっているのです。

ちょうど良い温度に設定できる

最後に、これは主に寒い時期に言えることなのですが、暑すぎず寒すぎない温度に設定することができるのもオール電化のメリットです。しかも常に一定温度を保っていますので、光熱費が跳ね上がるということもありません。
朝も夜も常に同じ室温を保つことができるということで、小さなお子さんや年配の方がいる家には最適です。熱風が出ることもありませんので、常にふんわりとした暖かさを感じることができるのです。

札幌市の東札幌は再開発されていて東札幌の賃貸物件もいろいろあります。また、地下鉄駅もあり、交通アクセスも良いところです。

勘違いが多い!ブロードバンド物件って何?

ブロードバンド物件って何?

ブロードバンド物件とは、インターネットに対応している物件のことを指します。ただ、どの回線を使っているかは物件によって異なっており、大半は光回線ですが、ADSLなどを使っている物件もあります。

また、ブロードバンド物件の賃貸を選ぶ人に多い勘違いが、インターネット回線を契約しなくても最初から使えるという勘違いです。この点に関しては不動産会社が勘違いしていることも多く、しっかり契約時に確認しておかないと、ブロードバンド物件であることを強調されていていざ契約してみたらインターネットは自分で契約しなければいけなかったという例も多々あります。

インターネットが最初から使える物件は?

それでは、インターネットを自分で契約しなくても最初から利用できる物件に引っ越したい場合、どの点に気を付けて選べば良いのでしょうか。

この点に関しては、「インターネット完備」という物件を選ぶのがおすすめです。ブロードバンド物件には「インターネット対応」と「インターネット完備」の2種類があります。

インターネット対応の場合は、すでにマンションの回線工事が終わっており、自分でインターネット回線を契約してインターネットを利用する物件のことを指します。それに対し、インターネット完備物件は家賃にインターネット料金が含まれており、いくらインターネットを使っても家賃が変わらない物件のことを言います。

このような違いがあるため、インターネットが最初から使える物件に住みたいのであれば、不動産屋に「完備」か「対応」か確認しておきましょう。

桑園の賃貸の相場は単身者向け、またファミリー層にも札幌中心部に近いわりに手ごろな物件が多く、周辺は買い物や病院はもちろんのこと、スーパー銭湯や競馬場などレジャー施設も充実しています。